利 用 規 約

 

 

第1条(定義)

第一花きデータサービス(以下データサービスという)とは株式会社第一花き(以下甲という)が、所有・運営・管理・使用するサーバーにおいて、第6条にて定めるところの会員資格を有するもの、かつ甲が入会を認めた法人、商店、個人会員(以下乙という)に対してインターネット上で甲が行う情報提供サービスのシステムである。以下、本規約において入会手続き、及び、甲乙間における契約上の関係を定めることとする。

第2条(本サービスの使用)

1.乙は、本規約を了承し、同意の上、甲所定の第一花きデータサービスへの会員登録を行い本サービスに入会する。

2.甲は、乙に対し、ID及びパスワードを発行し(アカウント発効日とする)、発効日をもって甲が乙に対し、データサービスに入会を許諾した日とする。

3.サービスを提供しているサイトを構成するソフトウェアについては、甲の判断により自由にその仕様を変更し、バージョンアップすることができる。

第3条(設備等)

1.乙は、データサービスを利用するために必要なコンピュータ機器(通信機器含む)、ソフトウェア、電話回線利用契約、通信費等については自らの費用にて負担するものとする。

2.乙は、データサービスを利用するにあたり、自らの費用と責任において、その設備、運用を維持、管理するものとする。

第4条(完全合意)

本契約は、締結日現在において甲、乙両者の合意を規定したものであり、本契約締結以前に甲乙間でなされた協議内容、合意事項あるいは一方の当事者から相手方に提供された各種資料、申し入れ等と本契約の内容とが相違する場合は、本契約が優先する。

第5条(サービス)

1.サービスの提供

(1)入荷情報の照会

(2)市況情報の照会

(3)市況情報に基づく統計情報

(4)甲と売買取引のある会員乙個人の市況及び統計情報

2.乙は提供されたサービスを営利目的での使用を行わない。

3.甲は乙に事前通知することなくサービスの内容を変更することができる。

第6条(会員)

1.本規約を同意の上、本サービスへの会員登録をし甲が承認した者とする。

2.甲と取引のある法人個人または花き業界関係者で甲が承認した者とする。

第7条(会費と退会)

1.サービス利用料は月額1,000円(税別)とする。

2.基本的に年間契約とし契約時にその対象月分を一括して支払うものとする。ただし年間契約額の上限としては10,000円/年(税別)とする。

3.乙は、入会を許諾された時に、甲の請求に基づき、上記の会費を甲の指定する口座に振り込むか、又は甲の所在地経理窓口に持参して支払うものとする。この場合の送金手数料は乙の負担とする。

4.なお、入会が月の途中である場合はサービス利用開始月からを徴収対象月とし年額一括支払とする。

5.乙は、いつでも自由に退会することができ、甲は乙に対し、退会にかかわる費用を請求しないものとする。

6.甲は、乙の退会に当たり、すでに受領済みの会費の残額について、返還を要しないものとする。

7.乙は、退会及び第12条による入会取り消しの場合には、理由の如何にかかわらず、甲に対し、すでに支払った会費等の返還請求をしないものとする。

第8条(禁止事項)

乙は、次の行為を行ってはならない。

1.犯罪に結びつく行為

2.公序良俗に違反する行為

3.甲の事業内容と同種又は類似の業務を行う行為

4.甲のサービス業務の運営・維持を妨げる行為

5.その他、甲が禁止する行為

第9条(ID・パスワードの管理)

1.乙は、データサービスのサービスの提供を受けるためには、入会契約時に設定されるIDとパスワードを使用するものとする。

2.乙は、ID及びパスワードに管理責任を負い、第三者の不正使用等の防止を自己責任において行うものとする。

3.甲は、乙のID・パスワードの管理不十分、使用上の不注意、第三者の不正使用等によって発生した損害については、事由の如何にかかわらず、その一切の責任を負わない。

10条(甲のサービスの提供及び情報の発信の保証)

甲の本サービス内容は、甲がその時点で供給可能なものとする。

11条(サービスの停止)

乙は、甲が提供する本サービスにおいて、下記の事情により一定期間サービスが停止される場合があることを、予め承諾し、サービス停止による会費の返還、費用の補償、その他損害賠償等を甲に請求しないものとする。

1.甲のサーバー、ソフトウェア等の点検、修理、補修等のための停止

2.コンピュータ、通信回線などの事故による停止

3.甲が、サイトの運営を継続することについて、困難な事情が生じたと判断したとき

4.火災、停電、天災などの不可抗力によりサービスの提供が困難なとき

5.その他やむを得ない事情による停止

12条(甲による入会取消)

乙が、以下のいずれかの事由に該当する場合、甲は、乙に事前の通知又は催告をすることなく、会員資格を一時停止し、又は入会取消することができる。

1.本規約の条項に違反した場合。

2.他の利用者、第三者、もしくは甲に対して不利益または損害を与える行為、またはその恐れのある行為が認められた場合。

3.IDまたはパスワードを不正に使用する行為、または使用させた場合

4.手段を問わず、本サービスの運営を妨害する行為、またはその恐れのある行為が認められた時

5.甲よりの改善勧告等に正当な理由なく回答をなさない場合、または従わない場合。

6.その他、甲が不適切と判断する行為が認められた場合。

13条(通知)

甲より乙への以下の項目についての通知、連絡はメール、FAX、郵便、およびホームページへの載等を用いて行うこととする。

(1)当規約内容変更

(2)本サービス内容変更

(3)利用料金変更

(4)利用時間変更

(5)その他本サービス利用条件の変更

14条(免責)

乙が、データサービスに入会中の一切の会員活動中に関して、何らかの損害を蒙った場合については、その原因、名目の如何を問わず、甲は何らの責任を負担せず、一切損害賠償の責を負わない。

15条(賠償責任)

1.乙は、本規約に違反することにより、もしくはその他会員活動に関して、甲に損害を与えた場合、故意過失を問わず、甲に対し、直ちに甲が蒙った損害を賠償するものとする。

2.乙は、本規約に違反することにより、もしくはその他会員活動に関して、第三者との間でトラブルが発生した場合には、乙がその責任と費用を持って一切解決するものとし、甲は、何らの責任を負担しないものとする。

3.前項の紛争により、甲に損害または負担が生じた場合には、乙は甲に対し、甲が蒙った損害及び費用の全てを支払うものとする。

16条(準拠法)

甲と乙は、本契約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本国法が適用されるものとする。

17条(合意管轄)

本規約に関して、或いは、甲、乙間に紛争が生じた場合、甲の所在地を管轄する地方裁判所を第一審の合意所轄裁判所とすることに、甲と乙は、あらかじめ合意した。